常在細菌の一種であるブドウ球菌

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に在る血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまい、
残念なことに膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなってしまって発症してしまう生活習慣とは無関係の糖尿病です。


いんきんたむしとは、医学的には股部白癬(コブハクセン)と称されている、
白癬菌というかびが股間や陰嚢(いんのう)、
臀部などにうつり、寄生してしまった感染症で即ち水虫です。


食中毒の原因にもなるブドウ球菌(ブドウキュウキン、
staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、
大別すると毒素のきつい黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と毒があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種が存在します。


UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという特性があるので大気中のオゾン層を通過する際に一部が吸収されるものの、
地表に達したUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(遺伝情報)を傷つけてしまうなど、
肌に悪影響を与えます。


体を動かすのに必要なエネルギーの源としてすぐに使われる糖分、
細胞の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、
過度の痩身ではこれらに代表される体を維持するために欠かすことのできない栄養成分までも欠乏させてしまっている。


ストレスがかかり、蓄積してしまう理屈や、手軽で効果的なストレス緩和策など、
ストレスに関わる詳しい知識をお持ちの方は、
多くはありません。


ハーバード大学医学部の調べによると、
通常のコーヒーと比較して1日あたり2~3杯のカフェインの取り除かれたコーヒーを代用することで、
驚くことに直腸癌の発症する確率を52%減少させることができたそうだ。


肝臓をきれいに保持するためには、
肝臓の毒素を分解する作用が低下しないようにすること、
つまり、肝臓を老けさせない対策に地道に取り組むことが効果的だと思われます。

3つのアミノ酸から成る

悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、
通常ならば人間の体をがんから護る役目をする物質を作るための金型である遺伝子の不具合により罹患すると言われています。


抗酸菌のひとつである結核菌は、
菌に感染している人がゴホゴホと「せき」をすることで外気の中に排出され、
空中にフワフワ飛んでいるのを違う誰かが吸い込むことにより次々に感染していきます。


一見すると「ストレス」は、「なくさなければいけない」「除去すべき」と考えがちですが、
実を言うと、我々は大なり小なりのストレスを感知するからこそ、
生活することが可能になります。


物を食べる時は、次に食べたいと思った物を気軽に口へ運んで幾度か噛んで飲み込んで終わりだが、
それから体は本当によく動き続けて異物を人体に取り入れる努力をし続けているのだ。


塩分や脂肪の大量摂取はやめて適切な運動に励むだけでなく、
ストレスを蓄積しすぎない生活を意識することが狭心症をもたらす動脈硬化を予め防止するコツなのです。


基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は就寝中ではなく覚醒状態で生命活動を保つ(心臓、
鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の維持等)のに必要となる理論上のエネルギー消費量のことを言います。

四六時中

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を持つ血液や精液、
唾液、母乳、腟分泌液などの体液が、看病する人等の傷口や粘膜部分等に接触すると、
HIV感染の危険性が高くなってきます。


年々患者数が増加しているうつ病では脳の中の神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、
不眠、憂うつ、なかなか抜けない疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、
そして重症の場合自殺企図などの危険な症状が出現するのです。


下腹の激しい痛みを主訴とした疾患には、
虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、
尿管や膀胱などの尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、子宮の病気など、色々な部位の病気が聞かれます。


環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと輪状、
要するに輪っかのような円い形をした赤色の発疹・湿疹や鱗屑など、
皮ふ病の総合的な病名ですが、その誘因は正に多種多様だといえます。


脚気(beriberi)の症状は、
四肢がジンジンと痺れたり脚の浮腫みなどがよく訴えられ、
症状が進行すると、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全などを連れてくる可能性があるようです。


「体脂肪率」というものは、体内における脂肪が占有する重さのことを指し、
「体脂肪率(body fat percentage、
%)=体脂肪量÷体重(body weight、
kg)×100」という計算式によって調べられます。


物を食べる時は、食べようと考えた物をなんとなく口に運んで数回咀嚼して飲み下すだけだが、
そのあと人体は実に律儀に動き異物を身体に取り込むよう努力している。


肝臓を健康な状態にキープし続けるためには、
肝臓の有害物質を分解する力が衰えないようにすること、
つまり、肝臓を老けさせない対策をおこなうことが重要だと言われています。

スギ花粉が飛ぶ

HIV、つまりエイズウイルスを保有する血液、
精液をはじめ、女性の腟分泌液、母乳などのあらゆる体液が、看病する人などの粘膜部分や傷口に接触することにより、
HIV感染の可能性が高くなってくるのです。


くも膜下出血とは9割近くが「脳動脈瘤」という血管にできた不要なこぶが裂けてしまうことにより起こってしまう命にかかわる深刻な病気として知られるようになりました。


基礎代謝というのは人間が何もしなくても消費してしまうエネルギーのことを指していて、
その大部分を身体中の筋肉・最も大きな内臓である肝臓・大量の糖質を消費する脳が占めていると考えられています。


急性中耳炎は、最も多い中耳炎で子どもに多くみられる病気です。
強い耳痛や38℃以上の高熱、真っ赤な鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などが出るのです。


ともすると「ストレス」というのは、
「溜めないようにするもの」「除外すべきもの」と敬遠しがちですが、
実を言うと、人間は日々ストレスを受けているからこそ、
生き続けることができます。


30~39才の間に更年期がやってくるとすれば、
医学的な用語で表すと「早発閉経(early menopause)」という女性疾患のことを指します(この国では40歳未満の比較的若い女性が閉経してしまうケースを「早期閉経(premature menopause)」と定義付けています)。

WHOは

食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(葡萄球菌、
staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、
大別すると毒の強力な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、
スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類になっています。


下腹の疼痛をよく起こす主な病気には、
虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、
腎などに石ができる尿路結石症、
大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、
腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、
子宮の疾患などが真っ先に挙げられるようです。


虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法としては大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈大動脈バイパス手術」という二者の技術が熱心に実施されています。


好気性桿菌の結核菌は、保菌者が「せき」をすることによって室内に飛び散り、
空中でフワフワ漂っているのを今度は違う人が呼吸の際に吸い込むことによって次々に感染します。


若年層で結核(けっかく)に抗える免疫力の弱い人々が増えたことや、
早合点のせいで診断が遅れることが原因の集団感染(アウトブレイク)・院内感染が増えています。


なんとなく「ストレス」は、「無くすもの」「除外すべき」ものと思いがちですが、
実のところ、私たちヒトは大小のストレスを受けているからこそ、
活動することができています。


内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは言われなくても、
内臓に脂肪が付着しやすいようなタイプの悪い肥満に陥ることにより、
数多くの生活習慣病を誘引する可能性が高まります。

このページの先頭へ