バイ菌やウィルスなど

抗酸菌の結核菌は、菌を持っている人が「咳」をすることによって外気や内気の中に散布され、
空気中にふわふわしているのを別の人が空気と一緒に吸い込むことによってどんどん感染します。


心筋梗塞は心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管内が狭まり、
血液の流れが停止し、酸素や大事な栄養が心筋まで配達されず、
ほとんどの筋細胞が壊死するという大変重い病気です。


一見すると「ストレス」というのは、
「無くすべき」「除外すべきもの」と断定しがちですが、
現に、私達は様々な場面でストレスを体験しているからこそ、
生きていくことができます。


音楽会の開催場所や踊るための広場などに据えられている大型スピーカーのすぐ脇で大音量を浴び続けて耳が遠くなることを「音響外傷」と呼ぶことをご存知でしょうか?

ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が無効になった後に購入できて、
新薬とまったく同じ成分で金銭的な自己負担の小さい(クスリの価格の高くない)後発医薬品のことを意味しています。


体重過多に陥っている肥満は勿論食事の栄養バランスや運動不足が要因ですが、
一緒の量のごはんでも、急いで食べ終わる早食いを日常化することによって脂肪過多に陥っている肥満の状態を招く恐れがあります。


ビタミンB6には、様々なアミノ酸をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー代謝のために欠かせない回路に組み込むため、
なお一層分解させるのを促すという作用もあると言われています。


年齢を重ねることが原因の耳の遠さはちょっとずつ聴力が低下するものの、
普通は還暦過ぎまでは耳の衰退をきちんと把握できないものです。

物を食べるという行動は

1型糖尿病というのは、膵臓に内在するインスリンを分泌しているβ細胞が破壊されてしまうことによって、
膵臓からは大半のインスリンが出なくなり発症してしまうという生活習慣とは無関係の糖尿病です。


数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、
強靭で重くないのにとても長持ちし、
なんと濡れてもふやけずに使用できるという特長があるので、
いまの日本のギプスの第一選択肢だと言われています。


結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、
人間が咳き込むことによって外気に排出され、
空気中でフワフワと移動しているのを誰かが空気と一緒に吸い込むことで次々に感染していくのです。


アミノ酸の一つグルタチオン(GSH)は、
細胞の機能を悪くしたり突然変異を招く人体に悪影響を及ぼす物質を身体の内部で解毒し、
肝機能を促進するような動きが確認されているのです。


トコトリエノールの働きとしては抗酸化効果が一段と認識されていると思いますが、
この他にも肌を美しくしてくれる効果や、
血清コレステロールの産出を抑えたりするということが言われています。


暗い場所だと光量不足によりものを見るのが難しくなりますが、
更に瞳孔が開くため、眼のピントを合わせるのに不必要なエネルギーがかかってしまい、
日の差す所でモノを眺めるより疲れるのが早くなります。


歳を重ねることに縁る耳の聞こえ辛さにおいては少しずつ聴力が低くなっていきますが、
通常は還暦を超えてからでないと聴力の悪さを確信を持って自覚できないものです。

耳の内部構造は

エイズ(AIDS)とはHIV、
つまりヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症の事であり、
免疫不全へと至り健康体では感染しにくい病原体による日和見感染やがん等を併発する症候群そのものを指しています。


気分障害の一種であるうつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなった結果、
憂うつ、なかなか入眠できない不眠、強い倦怠感、疲労感、食欲低下、強い焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の辛い症状が現れるのです。


めまいが診られず、しつこく不快な耳鳴りと難聴の2つの症状を複数回発症する症例の事を「蝸牛(かぎゅう)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断するような場合もあるとのことです。


環状紅斑は輪状、つまりは輪っかのような円い形状をした紅っぽい発疹・湿疹や鱗屑など、
皮ふ疾患の総称ですが、因子は誠に様々だといえます。


胸痛を主訴とする狭心症の外科処置としては大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法」もしくは「大動脈冠動脈バイパス移植手術(CABG)」のふたつの治療法がよく採用されています。


男性だけにある前立腺という臓器は成長や働きにアンドロゲン(男性ホルモン)が密に関連していて、
前立腺に現れたがんも同様、雄性ホルモンの働きを受けて大きくなってしまうのです。


陰金田虫(いんきんたむし)は20~30代の男の人多く確認されており、
大体股間の周辺だけに広がり、運動をしたり、風呂上りのように全身が温まった時に猛烈な掻痒感に襲われます。


体脂肪の量にはさして変化がなく、
体重が食物摂取や排尿等により一時的に増減するような時、
体重が増加した方は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、
体重が減少すると体脂肪率が上がるのです。

陰金田虫(いんきんたむし)は

めまいは起こらないのに、不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを複数回発症する症例を区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という病名で診断するケースがあるそうです。


既に歯の周りの骨を減らすほど悪くなってしまった歯周病は、
残念ながら病状そのものが沈静化したとしても、
エナメル質が元通りに構築されることはないでしょう。


現在の病院の手術室には、ラバトリーや器械室(apparatus room )、
準備室(preparation room)を用意し、
手術中に患者を撮影できるX線装置を用意するか、
そうでなければ付近にX線装置用の専門室を準備するのが一般的である。


耳の奥の構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分けることができますが、
中耳の辺りにばい菌やウィルスなどが付いて炎症がみられたり、
液体が滞留する症状が中耳炎なのです。


痩せたいあまりに摂取カロリーの総量を抑える、
食事をわざと残す、などの食生活を続けるとひいては必要な栄養までもを不足させ、
慢性的な冷え性を齎すことは、色んなところで言われていることなのです。


トコトリエノールの働きとしては酸化を防ぐ効果がもっとも認識されてはいますが、
他に肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの産出を抑えたりすることが知られています。

花粉症の緒症状

脳卒中のくも膜下出血(SAH)は実に8割以上が脳動脈りゅうと言われる血管にできた不必要な瘤(こぶ)が破裂して脳内出血する事で罹患する恐ろしい病気として知られるようになりました。


胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、
4~5日くらいちゃんとお薬を飲めば、
押しなべて9割近くの患者さんの自覚症状は無くなりますが、
そうは言っても食道粘膜の発赤や炎症が完全に治癒したことを意味しないのです。


虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な施術では大半の病院で「大動脈バルーンパンピング」と「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス術(CABG)」という二つの異なる治療方法がしきりに使われています。


内臓に脂肪が多い肥満が診られ、
油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、
塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、
糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2項目か3項目全てに合致するような様子を、
メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と呼びます。


学校や幼稚園等の大規模な集団行動をする時に花粉症が要因で他の友達と同様に外ではつらつと走り回れないのは、
患者である子供にとっても残念な事でしょう。


肝臓を健康な状態に保ち続けるためには、
肝臓の有害物質を分解する作用が低くならないようにする、
要は、肝臓の老化対処法を開始することが重要だと思われます。

このページの先頭へ